スポンサーリンク

 

サービス (service)とは

・バックグラウンドで動くプログラムのこと。(バックグラウンドで作業をさせたい場合に使う)

・例えばバックグラウンドでの音楽再生やネットワークからのデータ取得など。

・サービスは Service クラス  から生成します。

・サービスを実行するには、AndroidManifest.xmlにそのサービスを登録する。

・サービスは、Intentを使って開始することでどんなアプリでも使うことができる。

 

android公式から引用

サービス

サービスは、さまざまな理由によりアプリをバックグラウンドで実行し続けるための汎用エントリ ポイントです。長期間の操作やリモート プロセスを処理するためにバックグラウンドで実行されるコンポーネントです。サービスにはユーザー インターフェースがありません。たとえば、サービスはユーザーが別のアプリを使用している間にバックグラウンドで音楽を再生したり、ユーザーが別のアクティビティを操作している間にそれを妨げることなくネットワークからデータを取得したりします。アクティビティなどの他のコンポーネントが、サービスを開始して実行したり、サービスとやり取りするためにサービスにバインドしたりすることができます。アプリの管理方法についてサービスがシステムに通知するセマンティクスは 2 つあり、それぞれ異なる意味を持っています。開始されたサービスが、作業が終了するまで自身の実行を維持するようシステムに指示します。これにより、ユーザーがアプリから離れても、バックグラウンドでデータを同期したり、音楽を再生したりできます。バックグラウンドでのデータの同期や音楽の再生は、開始されたサービスとしてはそれぞれ異なるタイプと認識され、システムがそれらのサービスに対して行う処理もそれぞれ異なります。

  • 音楽の再生はユーザーが直接意識しているものなので、アプリはフォアグラウンドになりたいことをユーザーに通知で知らせることで、システムにそれを指示します。この場合、システムはそのサービス プロセスの実行を維持するよう最善を尽くします。このプロセスが終了するとユーザーが不満を覚えるからです。
  • 通常のバックグラウンド サービスは、その実行をユーザーが直接意識していません。したがって、システムはより柔軟にそのプロセスを管理できます。ユーザーにとってより緊急な課題を処理するために RAM が必要となった場合には、プロセスを強制終了し、後から再開できます。

他のアプリ(またはシステム)がサービスを利用することを明示しているなら、バインドされたサービスが実行されます。これは基本的に、別のプロセスに API を提供するサービスです。これにより、これらのプロセス間に依存関係があることをシステムは認識します。プロセス A がプロセス B のサービスにバインドされている場合に、システムはプロセス B とそのサービスの実行を A のために維持する必要があることを認識します。さらに、プロセス A がユーザーにとって優先度が高い場合は、プロセス B もユーザーにとって重要であるとみなされます。サービスは良くも悪くもその柔軟性から、さまざまな上位レベルのシステム コンセプトにおいて、非常に有用な構成要素となってきました。ライブ壁紙、通知リスナー、スクリーン セーバー、入力方法、ユーザー補助機能サービス、その他多くの主要なシステム機能はすべて、アプリが実行するサービスとしてビルドされ、その実行時にシステムによりバインドされます。

サービスはServiceのサブクラスとして実装されます。Serviceクラスの詳細については、デベロッパー ガイドのサービスをご覧ください。

 

サービスの概要

Service は、バックグラウンドで長時間動作して操作を行うアプリ コンポーネントで、ユーザー インターフェースは表示しません。別のアプリ コンポーネントがサービスを開始でき、ユーザーが他のアプリに切り替えた場合でも、サービスはバックグラウンドで動作し続けます。さらに、コンポーネントをサービスにバインドして操作したり、プロセス間通信(IPC)を実行したりすることも可能です。たとえば、サービスはネットワーク トランザクションの処理、音楽の再生、ファイルの I/O の実行、コンテンツ プロバイダとのやり取りなどのすべてをバックグラウンドで行うことができます。

 

サービス (service)の種類

 

フォアグラウンド サービス

ユーザーが認識できる操作(オーディオの再生など)を行う。

 

 

バックグラウンド サービス

ユーザーには直接認識されない操作(ストレージの圧縮、データの取得等)を行う。

 

 

バインドされたサービス

アプリがbindService() を呼び出してサービスにバインドするもの。

 

 

 

 

Swift(iOS)が学べるオンラインスクール ランキング
CodeCamp
CodeCamp
7〜24時まで授業可能で働きながらでも学べる!!
料金
講師の質
コースの種類
転職サポート
ポイント1エンジニア経験2年以上のベテラン講師によるオンライン授業
講師は全員が現役のエンジニアで、他のスクールによく見られるアルバイト講師ではありません。マンツーマン指導で自分のレベルにあったカリキュラムが組め、満足度も高いです。また、自社開発企業への転職指導にも定評があります。

ポイント2無料レッスン体験&無料受講相談で事前に話が聞ける
事前にレッスンを体験して授業の雰囲気や学習ペースを確認できます。またエンジニア転職を目指す方にはどのコースが向いているかなどが聞けるカウンセリング(受講相談)も無料。エンジニアの生の声が聞けるので自分が働き出した時のことをイメージできます。

TechAcademy

授業型ではなく自習型なので自分のペースで学べる
料金
講師の質
コースの種類
転職サポート
ポイント1自習スタイルでチャット質問は何回でも無料
自分の分からないところを質問するスタイルなのでわかるところはサクッと、わからないところはじっくりと、無駄なく学べます。チャットの質問が無料なので、料金を気にせず何回でも聞けます。また、メンターがつくのでカウンセリングで学習の進捗やモチベーションの管理もしてくれます。
ポイント21週間の無料体験と無料カウンセリング、安心の返金制度も
無料体験の期間は1週間もあり、納得してから契約できるので安心です。事前の無料カウンセリングでは、その人にあったアドバイス等をもらうことができるので気軽に活用しよう。転職保障コースの場合、転職できなかったら全額返金!!
侍エンジニア塾
プログラミングスクールの老舗NO.1
料金
講師の質
コースの種類
転職サポート
ポイント1歴史があるからノウハウも豊富
日本で初めてオンラインのマンツーマンレッスン指導を導入した実績十分のスクール。講師も現役エンジニアでメンタリングもあるため転職のサポートも手厚く、面接対策や自己PRのフィードバックまで対応してくれます。

ポイント2転職成功率94.1%、挫折率8%
コースによっては転職成功で受講料が0円に!!  絶対にエンジニアになりたいという意思があれば超低額で転職できます。事前の無料体験で相談も可能なため、まずは話だけ聞いてみるのもあり。

おすすめの記事