Appleの審査を通すためにやったこと
スポンサーリンク

Appleの審査は非常に時間がかかります。

私はなんだかんだ1ヶ月ぐらいかかってしまいました。

やり取りしたメッセージやメールの数は数えきれませんが、最終的には以下のような内容を改善する必要がありました。

 

resolutioncenterに届いたメッセージ

Guideline 1.2 - Safety - User Generated Content

Your app enables the display of user-generated content but does not have the proper precautions in place.

Next Steps

To resolve this issue, please revise your app to implement all of the following precautions:

- Require that users agree to terms (EULA) and these terms must make it clear that there is no tolerance for objectionable content or abusive users
- A method for filtering objectionable content
- A mechanism for users to flag objectionable content
- A mechanism for users to block abusive users
- The developer must act on objectionable content reports within 24 hours by removing the content and ejecting the user who provided the offending content

 

翻訳

ガイドライン1.2-安全性-ユーザー生成コンテンツ

アプリは、ユーザー生成コンテンツの表示を有効にしますが、適切な予防措置がありません。

次のステップ

この問題を解決するには、アプリを修正して次のすべての予防措置を実装してください。

-ユーザーが条件(EULA)に同意することを要求します。これらの条件は、不快なコンテンツや虐待的なユーザーに寛容でないことを明確にする必要があります。
-不快なコンテンツをフィルタリングする方法
-ユーザーが不快なコンテンツにフラグを立てるメカニズム
-ユーザーが不正ユーザーをブロックするメカニズム
-開発者は、24時間以内に不快なコンテンツレポートに基づいてコンテンツを削除し、問題のあるコンテンツを提供したユーザーを排除する必要があります。

 

EULAへの同意

(- Require that users agree to terms (EULA) and these terms must make it clear that there is no tolerance for objectionable content or abusive users)

これはアプリ利用時にユーザーに利用規約に同意させる必要があるということです。

全ユーザーが通る全ての同線にこのように利用規約のページに飛べるリンク(ボタン)を置きます。

私はこのブログ内にアプリの利用規約を作っており、そのページに飛ばすようにしました。

参考までに利用規約に記載した内容はこちらをから確認してください。

ただ、これは審査を通るために突貫工事的にやったことで、本来はもっとスマートなやり方があると思います。

修正したらそのやり方も追記しようと思います。

 

不快なコンテンツのフィルタリング

(- A method for filtering objectionable content)

この項目は、resolutioncenterのメッセージあるいは[App Review に関する情報]に、「管理者は、管理画面で毎日確認します。」みたいなことを記載すればOKです。私は両方に記載しました。

例) The administrator confirms every day on the management screen.

ユーザーが不快な投稿を報告できる機能

(A mechanism for users to flag objectionable content)

ユーザー投稿型のアプリの場合、この機能は必須なようです。

私は、投稿の横に黄色い通報ばボタンを設置しました。

押すと、通報用のページに遷移するようになっています。通報用のページはこのブログ内に作りました。

参考にしたい方はどうぞ→ 通報ページ

しかしこれも審査に通るためのとりあえずの措置です。

もっといいやり方はあるはずです。修正したら追記します。

 

悪質なユーザーをブロックする機能

(- A mechanism for users to block abusive users)

これもユーザー投稿型のアプリの場合、必須なようです。

先ほどの画像の赤いボタンがブロックボタンです。押すと、その投稿は画面から消えます。

投稿を完全にその画面から消さないとダメみたいでした。

 

開発者による24時間以内の不快なコンテンツ削除

(- The developer must act on objectionable content reports within 24 hours by removing the content and ejecting the user who provided the offending content)

これは「ユーザーからレポートを受けた場合、管理者は24時間以内にそれを削除しなければいけませんよ。」ということです。

これもresolutioncenterのメッセージあるいは[App Review に関する情報]に、「管理者は内容を確認し、内容を削除し、24時間以内にアカウントを凍結します。」みたいなことを記載すればいいです。

例) The administrator checks the contents, deletes the contents, and freezes the account within 24 hours.

Swift(iOS)が学べるオンラインスクール ランキング
CodeCamp
CodeCamp
7〜24時まで授業可能で働きながらでも学べる!!
料金
講師の質
コースの種類
転職サポート
ポイント1エンジニア経験2年以上のベテラン講師によるオンライン授業
講師は全員が現役のエンジニアで、他のスクールによく見られるアルバイト講師ではありません。マンツーマン指導で自分のレベルにあったカリキュラムが組め、満足度も高いです。また、自社開発企業への転職指導にも定評があります。

ポイント2無料レッスン体験&無料受講相談で事前に話が聞ける
事前にレッスンを体験して授業の雰囲気や学習ペースを確認できます。またエンジニア転職を目指す方にはどのコースが向いているかなどが聞けるカウンセリング(受講相談)も無料。エンジニアの生の声が聞けるので自分が働き出した時のことをイメージできます。

TechAcademy

授業型ではなく自習型なので自分のペースで学べる
料金
講師の質
コースの種類
転職サポート
ポイント1自習スタイルでチャット質問は何回でも無料
自分の分からないところを質問するスタイルなのでわかるところはサクッと、わからないところはじっくりと、無駄なく学べます。チャットの質問が無料なので、料金を気にせず何回でも聞けます。また、メンターがつくのでカウンセリングで学習の進捗やモチベーションの管理もしてくれます。
ポイント21週間の無料体験と無料カウンセリング、安心の返金制度も
無料体験の期間は1週間もあり、納得してから契約できるので安心です。事前の無料カウンセリングでは、その人にあったアドバイス等をもらうことができるので気軽に活用しよう。転職保障コースの場合、転職できなかったら全額返金!!
侍エンジニア塾
プログラミングスクールの老舗NO.1
料金
講師の質
コースの種類
転職サポート
ポイント1歴史があるからノウハウも豊富
日本で初めてオンラインのマンツーマンレッスン指導を導入した実績十分のスクール。講師も現役エンジニアでメンタリングもあるため転職のサポートも手厚く、面接対策や自己PRのフィードバックまで対応してくれます。

ポイント2転職成功率94.1%、挫折率8%
コースによっては転職成功で受講料が0円に!!  絶対にエンジニアになりたいという意思があれば超低額で転職できます。事前の無料体験で相談も可能なため、まずは話だけ聞いてみるのもあり。

おすすめの記事